FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

ベトナム中部における台風被災者に対する緊急支援

災害概要

種別 台風
主な被害地 ベトナム 中部
発生日 2006年9月30日〜10月1日
被害規模
(ダナン市)
死者:26名 負傷者:61名 全壊家屋:9,906戸 半壊家屋:73,874戸
被害規模
(クァンナム省)
死者:15名 負傷者:315名 全壊家屋:8,417戸 半壊家屋:132,400戸

FIDRの対応

期間

2006年11月〜12月

支援地

ダナン市リエンチエウ区ホアヒエップ北地区及びホアヒエップ南地区、グーハンソン区ホアグイ地区、クァンナム省ナムザン郡

活動概要

被災地を調査し、家屋の全・半壊被害にあった人々は近隣の親戚や友人宅で避難生活を送っていました。

クァンナム省では、10月〜11月に収穫予定であった米の50%〜60%が被害を受けるなど、農作物への被害も報告されており、食糧不足が懸念されました。

また、損傷を受けた家屋の多くは、暴風により屋根が吹き飛ばされたというものが多く、10月から12月まで続く雨季のなか、早急に復旧することが必要であると判断しました。

対象

・ダナン市リエンチエウ区ホアヒエップ北地区の被災者 657人(約143世帯)
・ダナン市リエンチエウ区ホアヒエップ南地区の被災者 1,820人(約444世帯)
・ダナン市グーハンソン区ホアグイ地区の被災者 255人(約69世帯)
・クァンナム省ナムザン郡の被災者 のべ3,050人(のべ約610世帯)

主な支援内容

1. 家屋修復資材(屋根用トタン板とセメント)支援
2. 食糧(米)支援