FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

給食で子どもに笑顔と健康を
カンボジア給食支援

プロジェクトが挑む課題

国民の栄養状態が他国に比べて顕著に劣るカンボジアでは、2019年以降に全国の公立小学校・中学校・高校で正規教科として指導が開始される保健科目に、栄養分野を組み入れることとなりました。しかし、カリキュラム構築や教科書の執筆を担う人材が不足しており、教員の栄養に関する指導技能の育成も課題となっています。

その課題の背景にあるのは

日本では栄養に関する情報が豊富にあり、学校でも「食育」が重視されていますが、カンボジアでは子どもが栄養や食事について学ぶ機会はほとんどありません。栄養の指導が教育体系の中に組み入れられていないことと、教えられる人材がいないことが主な理由です。子どもの平均体重や平均身長においてカンボジアは東南アジアの標準を大きく下回りますが、食生活を改善するために栄養教育が必要であることは論をまちません。

カンボジア教育省は2019年から2020年にかけて段階的に全国の小中高校で保健の授業を開始する方針を打ち出し、その中で栄養を重要な教育単元として位置づけ、体系的なカリキュラムに則って指導を行うこととしました。しかしながら、教育省にはカリキュラムの構築や教科書の執筆を担う人材がないことが課題です。

FIDRはカンボジア給食支援プロジェクトで、学齢期の子どもの「推奨栄養所要量」とこれに基づく「食事摂取基準(食事バランスガイド)」の策定を進めています。これは、推奨献立、食習慣改善の呼びかけ、教育教材、モニタリング評価方法などをまとめたカンボジアで初の科学的根拠に基づく栄養改善指針で、保健省や教育省、国際援助機関からなるワーキングメンバーと取り組んでいるところです。

これらの実績からFIDRにカンボジア教育省より保健科目における栄養指導導入のための全面的な技術協力の要請が寄せられました。

FIDRが目指すのは

体系的な栄養教育の普及により全国の学齢期の子どもたちとその家族の適切な食習慣を通じた栄養改善を促進します。

プロジェクトの活動場所

カンボジア全国

プロジェクトの効果を受ける人たち

・教育省及び保健省の職員
・全国の公立校(小学校、中学校、高等学校)の教員及び生徒とその家族

現地で行う取り組み

食事摂取基準を完成させ、国内の関連組織による活用を促進します。また、2019年から2020年にかけて全国の公立学校で開始される保健の教科にて栄養分野の指導が正しくなされるよう、教育省学校保健局とともに教科書や指導書の執筆、補助教材の開発、教員研修の支援などを行います。

1.子どもの食事摂取基準の普及のための教材製作、セミナー開催等
2.保健教科書の作成支援と教育行政の人材育成
3.子どもと保護者・家族への食事摂取基準の普及

活動の期間

2017年4月〜2020年3月

FIDRのアプローチの特色

カンボジアには多くの国連機関やNGOが支援活動を行っていますが、その中で、FIDRは国の栄養教育を形作るという大きな役目を任されることになりました。その期待に応えるよう、経験豊かな日本の専門家の参画を得て、カンボジアの社会や学校現場をよく踏まえた栄養教育と普及活動の実現を支援します。