FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

カンボジア小児外科支援

小さな命を救う

プロジェクトが挑む課題

手術が必要な病気やけがを負った赤ちゃんや幼い子どもを治療するのが、「小児外科」という医療分野。現在、カンボジア国内で、小児外科を扱うことができる病院はとても少ないのです。正しく診断し、適切に治療できる医師や看護師が不足しているためです。回復できるはずの患者への対応ができていないために、幼い子どもたちが命を落としたり、生涯にわたるハンディキャップを負ったりするという状況につながっています。

その課題の背景にあるのは

子どもの死亡率が東南アジアで最も高い国のひとつとなっているカンボジア。1970年から20年間あまりにわたる内戦、特に1975年〜1979年のポルポト時代の圧政により、医療施設と医療従事者がほとんど失われてしまいました。1980年以降、諸外国の支援を受けて、医師、看護師の養成や医療施設の回復も徐々に進みましたが、専門性が高い小児外科に関しては国際的な支援がありませんでした。

FIDRはカンボジアに小児外科という医療分野を立ち上げる必要があると考え、1996年から首都プノンペン市の国立小児病院において、小児外科医療の技術の向上および診療体制の構築を、同病院との連携協力を得ながら進めてきました。20年に渡り努力を重ねた結果、カンボジア人の外科医や麻酔科医たちが国内での人材を担えるまでになりました。

2016年からは地方における小児外科診療体制を強化すべく、カンボジア北東部のクラチェ州をモデル地域に選定し、活動の中心を地方に広げました。適切な診療を受けられない子どもたちが未だ多く存在する同国の地方において、適切な外科診療ができるための人材育成と患者搬送システムの体制構築などの活動を展開していきます。

FIDRが目指すのは

カンボジアで子どもが迅速かつ適切な診断、および外科治療を受けられるように、国立小児病院(NPH:National Pediatric Hospital)を拠点として、カンボジアの小児外科の診断・治療技術の基礎を確立し、地方にもその技術を広げていきます。

プロジェクトの活動場所

カンボジア・クラチェ州、プノンペン市

プロジェクトの効果を受ける人たち

直接の対象とする人たち
・クラチェ州病院外科職員:約30人
・クラチェ州の保健センター職員:約250人
間接的に効果がおよぶ人たち
・クラチェ州病院小児外科患者:約1,000人/年
・クラチェ州および近隣州の小児外科患者:約6,000人/年

現地で行う取り組み

1. クラチェ州病院における小児外科診療の質的改善
2. クラチェ州における患者搬送システムの改善
3. クラチェ州の住民への啓発と医療サービスアクセスの向上
4. 国立小児病院職員の指導力の向上

活動の期間

1996年10月〜2022年3月

FIDRのアプローチの特色

小児外科という医療分野が確立されていなかったカンボジアにおいて、外科医、麻酔科医、看護師の育成と医療施設の改善を段階的に進め、この国の小児外科学の実践と教育における中心をつくり上げ、ここから全国への波及を目指しています。

プロジェクトの今