支援する
menu

お試しください!現地スタッフお勧めのネパール料理

ブログを書いたスタッフ

#総務・経理

中川 絢子

昨秋の、ネパール人スタッフの来日をきっかけに、ネパール料理がこれまで以上に身近になりました。

その時は、スタッフと一緒に「ダルバート」(ダル(豆のスープ)とバート(ご飯)におかずや漬物、カレーなどをセットにした定食)を、ネパール流に手でパクリ!

同席した息子がすっかり気に入り、家族でネパール料理屋さんに行くこともあります。

また、チア(ミルクティー)は、ネパールでは家庭・人によって甘さ度合いが違うそう。私はスタッフが作ってくれた甘さ控えめが気に入り、それを自宅で再現して楽しんでいます♪

 

ネパール料理には、周辺のインドや、チベット、中国の影響を受けたものが多くあります。また脂肪分が少なくヘルシーな料理と言われているそうです。

ネパール人スタッフに、「これぞネパール料理だ!」と紹介してもらったメニューを、いくつかご紹介します。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

ディンド

ネパールのさまざまな地域、特に丘陵地帯や農村部で主食とされるディンド(ディド・ターリー)は、カトマンズの街角やタメル地方でも見つけることができます。そば粉、キビ粉、トウモロコシ粉、小麦粉を水で溶き、油を混ぜて練って作ったもので、日本の「そばがき」に似ていると言われます。豆のスープ、野菜カレー、鶏肉、羊肉、トマトのピクルス、ヨーグルトなどと一緒に食べられます。

 

 

 

モモ

観光客に人気のある料理のひとつです。白い小麦粉でできた小さな包みに、野菜や羊肉、鶏ひき肉が詰められた料理で、さまざまな種類のソースやマヨネーズと一緒に食べられます。インドをはじめとする多くの国でも人気のストリートフードとなっています。

 

トゥクパ 

チベット料理や中国料理の影響を強く受けた麺料理で、美味しいだけでなく、山岳地帯の冬を乗り切るために必要な栄養素が含まれています。肉や卵入り、野菜だけのバージョンもあり、通常はモモと一緒に出されます。ヤギ肉、羊肉、鶏肉、牛肉など、使われるお肉には様々な種類があります。

 

サモサ

インドの名物料理でもありますが、ネパールでもサモサを食べることができます。マッシュポテトとスパイスを混ぜたものを、小麦粉で作った三角形の皮に包んで揚げます。外側はカリカリになります。サモサ自体がスパイシーですが、甘いチャツネ(野菜やフルーツにスパイスを加えて煮込んだり漬け込んだりした、ソースまたはジャムのような甘辛風味のペースト状調味料)を添えます。

  

セル・ロティ

ドーナツとベーグルをあわせたようなセル・ロティは、ティハールやダサインといったお祭りの時期に、ネパールで最も人気のあるおやつのひとつです。外はカリカリに、中は柔らかく揚げた円形の甘い米粉パンで、ヨーグルトや野菜と一緒に食べると最高においしいとのこと。

その他のスタッフブログ

  • お試しください!現地スタッフお勧めのネパール料理
    2024.05.29

    お試しください!現地スタッフお勧めのネパール料理

    • ネパール
    • 総務・経理
  • 地域の持続的な発展につながると感じた学校教育
    2024.02.09

    地域の持続的な発展につながると感じた学校教育

    • ネパール
    • 海外スタッフ