支援する
menu

「鍋の港」の近くの村で

ブログを書いたスタッフ

難波


プノンペンから北に車で2時間弱のところにあるコンポンチュナンは、クメール語で鍋の港という意味。近くには鍋をはじめとする素焼きづくりが盛んな村があります。
ほかにも、お皿や壺など、様々な製品をつくっているとか。おばさんは「特別よ」と、足踏みタイプのろくろをくるくるっと見事に操り、いとも簡単に壺を作ってくれました。周りの風景に溶け込んでいくようなろくろをまわす音に、のんびりした気分になりました。

その他のスタッフブログ

  • 地域の持続的な発展につながると感じた学校教育
    2024.02.09

    地域の持続的な発展につながると感じた学校教育

    • ネパール
    • 海外スタッフ
  • 研修視察で抱いた保健センターへの期待
    2024.02.01

    研修視察で抱いた保健センターへの期待

    • カンボジア
    • 広報・支援者サービス