支援する
menu

力を合わせて準備します ~ベースライン調査に向けて~

e3e6f22244e557f1758d397a98734145-1679641597.jpg

質問票調査の様子(左:住民 右:調査員)

f0d0b070be593820651230120b0374be-1679641635.jpg

質問票調査の様子(左:調査員 右:住民)

FIDRは、ネパール東部のソルクンブ郡とオカルドゥンガ郡の山岳地で、住民の農業生産力の向上と収入の安定、衛生行動や学習環境の改善に取り組んでいます。
プロジェクト地では、2月24日~3月10日にかけて、ベースライン調査が行われました。

ベースライン調査とは、プロジェクト効果を測るための基点となるデータを収集・分析することです。そこで得られた結果をプロジェクト実施後と比較し、客観的に評価することができるようになります。
調査方法は様々ですが、今回はサンプリング調査を行いました。全世帯を訪問するのは、膨大な手間と時間がかかるためです。2村合わせて6,042世帯から、約1割にあたる656世帯を標本抽出しました。
抽出後は、スタッフが一軒一軒を歩いて訪問し、住民に、19ページにわたる質問票に回答してもらいました。
質問項目は、家族構成、生計状況、健康状態、学歴などです。日本の国勢調査に近いイメージですが、それよりも詳しい質問が設定されています。

853b031a43495200d111d6f5239398a3-1679641811.jpg

【住宅地図の一例】
赤で囲まれているのが今回の質問対象の家。

daa79432b242c16e82493597a4d8c41f-1679641855.jpg
fed1da6da79ca8f0cba2aa0c88e14d9e-1679641909.jpg

住宅地図を住民の協力のもと作成する様子

調査開始に当たっては、様々な準備が必要でした。
まず、調査員(=パートナーNGO職員8名)に対して、調査に関する研修を行いました。調査や質問票に関する理解を深め、インタビュースキルの向上を目指すものでした。

また、地元行政に正確な名簿や地図がなかったため、FIDRは住民と協力して、住民名簿と住宅地図を作成しました。
こうした共同作業を通じて、現地の人々との信頼関係が築かれていきます。
名簿と地図は1枚1枚手書きで作成され、全調査対象世帯分の住民名簿と41枚の住宅地図が、ようやく完成しました。

名簿と地図ができたら、今度は全世帯分、合計12,464ページにもなる質問票を印刷してから、いよいよ各世帯訪問・質問開始です。

この調査によって集めたデータを統計分析することで、地域の実情が明確な数値として把握できるようになります。これからの取り組みによってその数値に確実な変化が得られるよう、FIDRは日々の活動に励んでまいります。

その他の活動レポート

  • カンボジア栄養教育普及

    変化のストーリー ~マネジメントスキルとリーダーシップスキルの向上をめざして   ~ (前編)

    2024.05.30

    変化のストーリー ~マネジメントスキルとリーダーシップスキル...

    カンボジア 栄養 教育 保健衛生 国際協力援助事業
  • ダナン市における女性・子ども支援

    研修生のお母さんたちが、研修で取り扱う材料の生産地を視察しました

    2024.05.21

    研修生のお母さんたちが、研修で取り扱う材料の生産地を視察しま...

    ベトナム 教育 国際協力援助事業