支援する
menu

美味しい笑顔の輪がつながりました - イオン サステナブルコーヒーサミット開催

6cd2002389607a01b0100743f9c84446-1679640941.png
12b642b58d09bc723e68666f58e77d7d-1679640980.jpg

FIDRは、ベトナムのソンラ省の各郡農業局やタイバック大学と協働で、コーヒー生産農家の生活水準の向上を目指して、技術指導や研修を実施しています。
これは、イオン株式会社がサプライチェーン企業やNGOと共同で実施する「サステナブルコーヒープロジェクト」の一環です。

2月13日、日本とベトナムをオンラインで結んで、「イオン サステナブルコーヒーサミット」が開催されました。これは、サステナブルコーヒープロジェクトの概要や進捗、ベトナムや日本での取り組みについて、生産・流通・販売に携わっているすべてのステークホルダー間で共有することを目的とするもので、関係者50名余りが参加しました。

コーヒーの生産・流通・販売に携わっているイオン株式会社およびサプライチェーン関連各社からは、ベトナムでの取り組みや日本でのコーヒー販売状況などが発表・共有されました。

FIDRからは、ソンラ省における住民の生活の様子や、プロジェクトで行っている農業技術指導などについて発表・共有しました。また、次のような農家の声を紹介しました。
「プロジェクトの一環で、近所の農家が集まったの。今まで付き合いがなかったご近所さんと情報交換をはじめたよ。コーヒー栽培を20年以上やってるけど、本当に生活が変わったよ」
「コーヒーからの収入で、タイ族(ソンラ省の人口の多くを占める少数民族)のスタイルの家を建てることができたよ。子どもの教育費も出せたし、生活が安定してきているよ」

サミットにはソンラ省のコーヒー生産者の方も参加していました。生産者のバーさんは「私たちをご支援頂きありがとうございます。本日、素晴らしいコーヒーを収穫できたことを報告できて光栄です。これからもソンラのコーヒーをお楽しみ下さい」とお礼の言葉を述べました。

サミットは、イオン株式会社執行役商品担当兼イオントップバリュ株式会社代表取締役社長、土谷美津子氏による「いろいろな人の協力をうけて頑張っている生産者の声を聞くことができて嬉しいです。関係者全員がwin-winとなるよう益々大きく地道な取り組みとしていきたいと思います」という総評で締め括られました。

a6528c29e5c1058dfa130371fd463e23-1679641017.jpg

コーヒー生産者・バーさん(右)

bedb2d26d262611a40ca51ed486e021b-1679641050.jpg

FIDRベトナム事務所・大槻所長の発表の様子

ソンラ省のサステナブルコーヒーは、お近くのミニストップ・イオンリテール・イオンカフェランテで味わっていただけます。ぜひお試しください!


・ミニストップ:https://www.ministop.co.jp/syohin/coffee/sustainable_coffee.html
・イオンカフェランテ:https://caferrant.jp/

その他の活動レポート

  • カンボジア栄養教育普及

    変化のストーリー ~マネジメントスキルとリーダーシップスキルの向上をめざして   ~ (前編)

    2024.05.30

    変化のストーリー ~マネジメントスキルとリーダーシップスキル...

    カンボジア 栄養 教育 保健衛生 国際協力援助事業
  • ダナン市における女性・子ども支援

    研修生のお母さんたちが、研修で取り扱う材料の生産地を視察しました

    2024.05.21

    研修生のお母さんたちが、研修で取り扱う材料の生産地を視察しま...

    ベトナム 教育 国際協力援助事業