支援する
menu

JICAの視察団がFIDRの事業地を視察されました

6f77d60d2fd7e6c5758cf7f0454090c0-1673933086.jpg

当プロジェクトは、JICA草の根技術協力(パートナー型)による委託事業として実施しています。11月末、JICA東京センターならびにJICAベトナム事務所から3名ずつ計6名の視察団を迎え、プロジェクトの進捗状況や今後の方向性を確認していただきました。視察団からは、当プロジェクトの手法やアプローチが非常にユニークであり、特に女性と少数民族のエンパワーメントにつながる点が優れているとの評価をいただきました。

かつては貧しい少数民族と見られていた人々ですが、自慢する技術や文化、自然の中に見出す資源を探索する「宝さがし」を行い、それらを購入・体験する国内外の観光客からフィードバックをもらうことで自分たちの「宝」の価値を再認識し、若い世代にも誇りを持って文化を継承していく、という仕組みができあがりつつあることを視察団の方々に確認いただきました。

以前は家事しかやっていなかった女性たちからは、当プロジェクトを通じて収入を得るようになった結果、意識が変化し、自分の子どもたちには良い教育を受けさせたいという声も多く聞かれました。このような行動変容も重要な成果の一つと評してくださりました。

将来の持続性に関しても、当プロジェクトを成功させるための数々の工夫や、外部者の力がなくても現地の人々で自走できる仕組みが構築されており、大変「練られた事業」であると評価されました。

今回の視察を通じてFIDRのプロジェクトを高く評価されたJICAの方々は、2023年は日本とベトナム外交関係樹立50周年の節目にあたることから、当プロジェクトを日越の国際協力の好事例として広報したいと述べられました。今後、JICA、ベトナム国、FIDRがともにWin-Win-Winの成果を築くことが期待されます。

ナムザン郡カトゥー族観光組合の代表を務めるトゥーンさんが一連の視察を終えたJICAの方々にこう語りました。
「私の夢はコミュニティの人々の可能性を拡げ、この地域をさらに発展させていくことです。今歩んでいる道がその夢の実現につながると確信しています。」

今後も、より大きな成果を出せるよう、FIDRは全力で少数民族の人々と共に努力してまいります。

e31762ec5ad28d15d7968c1e7b4af9c4-1673933301.jpg

FIDRベトナム事務所の大槻所長(右から2人目)が視察団の方々へ、活動状況について説明しました

6e3c473445b559bebb468ce4bfbff1b5-1673933557.jpg

視察団の方々は少数民族の村を訪問し、住民と直接話し合いました

その他の活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 緊急援助事業 ピックアップ
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 広報啓発事業