支援する
menu

FIDRフォーラムを開催しました

2009d9a39203e26f0d171f426e9d048e-1674785400.jpg

10/20(土)、「カンボジア初・子どもの食生活指針作成の経緯」と題したFIDRフォーラムを開催しました。

栄養士も存在しないカンボジアにおいて、NGOであるFIDRがどうやって国の栄養摂取基準の策定に貢献できたのか、その経緯をお話した後、カンボジア教育省から研修のため来日している職員3名と、FIDRカンボジア事務所職員2名を交えて、カンボジアの教育の実際や政府の取り組み、その課題についてお話しました。

また、本プロジェクトや今回の来日研修に多大なるご協力をいただいたNPO法人チーム学校給食&食育の理事長である田中延子氏から「2年前、カンボジア事務所長と出逢い、それまで国と仕事をする機会がほとんどだったが、NGOがこんな素晴らしい貢献をしていることを知った。これからも協力していきたい」というコメントを頂きました。

フォーラム終了後は、カンボジアのお菓子を頂きながら、参加者の皆さんと楽しく情報交換をしました。

カンボジアの学校で栄養について学ぶ時間が設けられることになり、FIDRも教科書の執筆や指導する教員への研修サポートなどを通じ、食生活指針の普及に努めていきます。長い道のりとなりますが、引き続き応援ください!

その他の活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 緊急援助事業 ピックアップ
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 広報啓発事業