支援する
menu

被災地で仮設教室の設置が進んでいます

8a296d8de0e149e1ceda879d6cc52172-1681005809.jpg

元々養鶏小屋だった建物を利用して仮校舎を設置しています

FIDRはダーディン郡において、被災された方々への緊急援助活動を継続しています。

地震によって多くの学校で校舎が倒壊したため、5月下旬より、ダーディン郡にある学校46棟の仮設教室の設置を進めています。

学校の先生から「地震後、子どもたちは暗い室内を怖がるようになりました」という意見を聞いたため、壁の一部を金網にして採光を遮らない建物にしました。雨天や風が強い日はビニールシートで覆います。

6月下旬までには設置に必要な全ての資材の調達を完了し、現地に搬入しました。

現在、現地の方々とともに仮設教室の設置作業を行っており、7月5日時点で11棟が完成間近のところまできています。

b992e421487b9314d8b60069bb3751f2-1681005823.jpg

壁面には金網を敷きました

募金はコチラ→ ネパール大地震緊急援助募金  ※募金は終了いたしました

その他の活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 緊急援助事業 ピックアップ
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 広報啓発事業