支援する
menu

小児外科医がいない地方の患者を治療しました

4a2c3cb6aa579ea452f789253f9dec76-1674793632.jpg

12月末、カンボジア南部のカンポット州に、国立小児病院(以下「NPH」)の外科医と麻酔医あわせて4名、そして地方病院の外科医11名が集まりました。地方病院の外科医はいずれも、FIDRが、NPHや国立医科大学と協力して実施している、小児外科研修の修了生または研修生です。
カンポット州の病院には、いまだ小児外科医が育っていません。今回医師たちが集まったのは、この州の小児外科の患者40人に、集中的に診断や手術を行うためでした。
研修を通して得た技術や知識を活かして、他州の小児外科患者の治療を行えるまでに成長した、地方病院の外科医たちに頼もしさを感じました。そして、日頃は別々の病院で働く彼らが、相互に学び合い、励まし合える「つながり」を築き、カンボジアにおける小児外科の発展を担って行ってくれることへの期待が高まりました。

その他の活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 緊急援助事業 ピックアップ
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 広報啓発事業