支援する
menu

患者教育のためのビデオを制作しています

a41bcb1bd11b8ede4045be012a6f55d1-1674793839.jpg

国立小児病院(以下NPH)外科では、待合ロビーで患者や付添の家族にみてもらうためのビデオを制作しています。このビデオは、NPHの患者に典型的な疾病の治療法や予防法などが主な内容で、シナリオはNPH外科とFIDRが共同で作成。キャストは外科スタッフや患者で、FIDRスタッフは撮影、編集を担当します。

昨年度から始まったこの教育ビデオ制作は、これまでに「口唇口蓋裂」および「火傷」に関する2本ができあがっています。そして、現在は「骨折時のギプス」と「先天性奇形」をテーマとした2本を制作中です。

このビデオは、患者や家族への教育効果を目指すばかりでなく、外科スタッフがビデオ制作に携わることで、患者教育に対する意識をより向上させることも目的としています。

その他の活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 緊急援助事業 ピックアップ
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 広報啓発事業