支援する
menu

ワークショップで情報や経験を共有

支援対象地を拡大して39ヵ村で新規プロジェクトを始めて、ちょうど1年。これまでの活動を振り返るワークショップが3月22日に開かれました。郡政府および農業局職員、保健センター職員、保健ボランティア、住民ら計250人が集い、1年間におけるFIDRの活動を通して得た経験を互いに共有しました。特に若い農家たちの発表は参加者の注目を集めました。FIDRが普及するSRI農法を導入する際に、反対する親を説得するのが大変だったこと、水田の一部を利用して始めたSRI農法が従来の稲作法に比べて3割増だったことを知り確信を得たことなど、自らの体験を語ってくれました。
新しい知識や技術をできるだけ吸収したいとFIDRの活動に積極的に取り組んでくれる若者たち。これからの活動の推進力になってくれることを期待しています。

その他の活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 緊急援助事業 ピックアップ
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 広報啓発事業