FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

ネパール大地震緊急援助

2015年4月25日(土)、ネパール中部でM7.8の地震が発生しました。その後も余震が続き、5月12日にはM7.3の大きな地震に襲われました。首都カトマンズおよび山間地に甚大な被害が広がっており、死者は8,857名に及び、全半壊家屋は887,822戸と伝えられます(UNOCHA、8月10日時点)。

FIDRが2011年度から地域総合開発事業を実施しているダーディン郡は、震源に近い距離にあり、特に大きな被害を受けた地域のひとつに数えられます。

震災発生時、FIDRネパール事務所の大槻修子所長以下の職員は、ダーディン郡内の山中で業務に従事していました。幸いに職員に被害はなく、安全を確保しつつ周辺地域の状況を確認しました。その結果、75%以上の家屋は全壊または半壊の状況となっていることを把握しました。

ダーディン郡の被害状況

(郡政府発表、6月3日時点)
種別 FIDR事業対象地(4村) ダーディン郡全域(47村)
死 者 102人 732人
全半壊家屋 23,077戸 62,461戸

カトマンズ市内

ダーディン郡

ダーディン郡

ネパールは地震国ですが、建物は耐震性の低い構造のため、倒壊が多く発生しました。特に農村部の民家の大半は、柱を持たず土壁やレンガ積みの壁で重い石板(スレート)の屋根を支えているため、押しつぶされるように崩れました。

FIDRの支援方針

FIDRは、震災発生の直後からダーディン郡での被災状況の把握と支援のための調査を開始しました。被災した人々には、目下の「食」と「住」を確保することが急務であると判断し、5月上旬に事業対象地の4地区を中心とする地域への支援を開始しました。

今回のダーディン郡における緊急支援活動では、当座の生活を維持確保するための物資配布の活動は1か月ほどで終了し、できるだけ速やかに住民が自力で生活を回復することを後押しする方針としています。畑作や家畜飼育で生計を営む現地の住民にとっては、早く元の生活に戻ることができないと、その後にさらに困窮した状況に陥る危険があるためです。また、大半の学校が大きな被害を受け、子どもたちが授業を受けることができない状況になっているものの、そのための支援が遅れていることから、FIDRは応急的な教育施設の設置および全壊した学校校舎の建設などを中心とする活動に地元住民と行政と力を合わせてとりくみ、早期の復興実現を目指します。


第1フェーズ(緊急対応)

期間: 2015年4月末〜8月下旬
対象: ダーディン郡事業対象地4地区(カルテ、クンプール、スナウラバザール、カレリ)
支援内容 支援規模 実施スケジュール
食料配布(米15s) 2,600世帯 5月6日
シェルター設置用防水シートの配布 1,800世帯 5月7日、5月22日
衛生用品(石鹸・消毒剤等)の配布 6,000世帯 5月19日〜25日
仮設教室設置支援 100教室分 5月下旬〜8月下旬
ラダ・クリシュナ小学校修復 6教室 6月〜7月中旬

第2フェーズ(復興支援)

期間: 2015年9月〜2016年
対象: 対象地域:ダーディン郡事業対象4村を中心とする地域
支援内容 支援規模 実施スケジュール
崩壊した学校の再建
地域復興支援(ダーディン郡地域総合開発事業にて実施)
子どもの心身の健康回復支援(ダーディン郡地域総合開発事業にて実施)
2016年10月20日

ネパール学校建設
〜道なき道を行き、モニタリングしてきました〜

雨季にはぬかるみと化すネパールの山道は、車で通行するのも一苦労です

ネパールは6月から9月迄は雨季の真っ最中です。9月下旬になって「雨季が明けるかな」と思っていても、時には大雨、時にはシトシトと雨の日が続いています。

そんな中、学校建設予定地であるダーディン郡でモニタリングを実施しました。FIDRではダーディン郡内5校の校舎を再建予定で、現在そのうち3校を建設中です。

ネパール事務所のあるカトマンズから学校建設地は車で約4~5時間程かかります。しかも、建設地の近くの道路は雨季にはぬかるみになり車両通行できない未整備の道がほとんどで、雨季に現地に行くにはもっと時間がかかります。

先日も、少し晴れ間が見えたので「もしかしたら車両が通れるのではないか」と淡い期待を抱き車で現地へ向かったのですが、やはり通行できませんでした。そのためFIDRスタッフは同行した建設コンサルタントの方々と共に徒歩で近道(という名のけもの道)を探しながら山を登り、建設地へと向かいました。

毎日現地で建設に携わってくれている地域の人々をはじめ、現地スタッフたち。本当にみんなの協力がなければ学校建設は全く先に進みません。心から感謝です!
大雨にも負けない現地の人々の強い意志には目を見張るものがあります。早く雨季が明け、工事が再開できるのを心待ちにしています。

車がダメなら、道なき道を徒歩で向かいます

2016年4月26日

大地震から1年。仮設校舎から子どもたちの元気な声が聞こえています

教室で勉強する子どもたち

2016年4月25日、ネパール大地震から1年が経ちました。

現地ではまだまだ復興の一歩が始まったばかりの状況にある地域も多いですが、子どもたちは少しずつ元気を取り戻し始めています。

FIDRは、緊急援助活動を行うダーディン郡の4地区において、昨年末までに仮設校舎48棟の建設により約100教室を設置、3,000人を超える児童に学習環境を提供してきました。一部の学校では、寒さや雨の対策として、あるいは、本設の校舎建設がしばらく先になることから長期の使用を見越して、仮設校舎の改修も行いました。児童は安定した学習環境で元気に学んでいます。

現在、同郡内で最も被害の大きかった5つの小学校を対象に本設の校舎建設の準備を進めています。ネパール国の教育省をはじめ、事業許可を発行する社会福祉委員会、ダーディン郡教育局など、関係機関の許可を取得している最中です。

学校の児童たちも本設の校舎が建つことを心待ちにしています。一刻も早く復興を軌道にのせられるように一つ一つの活動を着実に進めていきます。

改修の済んだ仮設校舎。壁を厚みのあるプラスチック製建材で補強しました


募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2016年3月22日

本格的な復興への一歩 学校建設が始まります

校舎建設予定のスナウラバザール地区スナカンニャ小学校での話し合いのようす

昨年4月に発生したネパール大地震からまもなく1年が経とうとしています。FIDRはこれまで、仮設教室の設置や校舎の修繕を通し教育環境の回復に努めてきました。今後は、復興支援の要として、小学校の校舎建設を行います。

対象となるのはダーディン郡内の5つの小学校です。
いずれの小学校も、郡都であるダーディンベシから自動車1台がやっと通れるほどの山道を1〜2時間かけてたどり着く場所にあり、途中で山崩れがあったりするほか、雨季が本格化する8月頃からは車での通行が極めて困難になります。

従来型の校舎は、鉄筋の柱は無く厚い石壁でできており、見た目は重厚感があります。しかし地震に対してはあまり強くなかったため、ダーディン郡内でも軒並み崩壊しました。

今回FIDRが建設する校舎は、柱や梁にはすべて鉄筋を入れ、1棟のサイズを従来よりも小さくすることで崩壊しにくい建物とします。また、通気性や採光性も十分に考慮します。


2月8日、5校のうちの一つ、ガウリシャンカー小学校で、教諭と住民代表の20人ほどと話し合いの場を持ちました。カーストの底辺に置かれる世帯が多い地域にあるため、現地政府や国際援助機関の支援対象校には含まれていませんでした。FIDRは、96名の児童のために、6教室の校舎建設を予定しています。

住民代表の一人であったビンダさんは、今度の校舎建設に特に意欲的です。彼女の3人の子どもはすでに小学校を卒業したものの、村は子どもたちのために、責任をもって学校を用意してあげなければならないといいます。

「だって学校は子どもたちに『目を開かせる』場所なのですから。私自身は子どものころに学校に通うことは許されませんでしたので(注:カースト差別のため)、なおさら学校の大切さを感じているんです。」

地理的、社会的に厳しい状況に置かれる人々を襲った震災。FIDRは校舎の建設を、単に災害からの回復という目的で捉えるのではなく、コミュニティーが経済的にも社会的にも地位を高め、発展し続ける仕組みをつくるという意図で臨みます。

工事は3月から開始し、7月頃より順次竣工する見込みです。

仮設教室で勉強するネパール ガウリシャンカー小学校の子どもたち

ネパール ガウリシャンカー小学校


募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年8月17日

ラダ・クリシュナ小学校の校舎を修復しました

修復が完了したラダ・クリシュナ小学校と子どもたち

FIDRは、ネパール大地震の被災地において、教育環境の回復に取り組んでいます。

首都カトマンズの東方に位置するカブレパランチョーク郡にあるラダ・クリシュナ小学校は、2011年にFIDRが建設した学校です。4月の大地震により、同郡でも多数の民家や公共施設が崩壊するなど大きな被害が出ましたが、建設時に地震に備えた工夫を凝らしていた同校では、屋根や壁の一部に損傷が見られたのみでした。

FIDRは5月に建設技師を伴い同学校校舎の状況を検査し、被害状況を確認しました。そして、一部の壁と屋根の修復を行うこととしました。
修復工事は6月上旬に着工し、1ヵ月ほどで完了しました。屋根材を一般的で以前使用していた瓦から炭素繊維を用いたシートに替えたことで、崩落の危険が大幅に減少したばかりでなく、教室内が明るくなり、通気性も良くなりました。

7月18日には、ラダ・クリシュナ小学校の児童、保護者、教員、現地政府職員が集い、FIDRとともに修復の完了を確認しました。住民の方からは「FIDRはラダ・クリシュナ小学校を決して忘れず、政府など他の団体と比べられないほど迅速に対応してくれた」との感謝の言葉を受け取りました。

FIDRは今後、緊急支援を行ってきたダーディン郡においても学校の再建を進めていきます。

2015年5月16日(修復前)

2015年7月18日(修復後)

2015年5月16日(修復前)

2015年7月18日(修復後)

以前の校舎では屋根瓦の落下防止のためにネットを張っていましたが、修復後は軽量の炭素繊維ボードを使用したため、ネットは不要となりました


募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年8月3日

仮設教室が続々と完成しています

完成した仮設教室の外観

FIDRが緊急援助活動を行うダーディン郡の4地区には、68の小中学校があります。今回の大地震によってその8割の校舎が損壊しました。

FIDRは、5月下旬から46棟の仮設教室の設置作業を進めており、これまでに41棟が完成しました。出来上がった仮設教室では授業も行われ、十分な強度を持った快適な環境に子どもたちも先生も喜んでいます。

設置にあたっては、いくつかの課題を乗り越えてきました。

まず、仮設教室の仕様です。通気性、採光性、そして安全性に優れ、地域住民の手で設置や保守管理ができることを重視しました。その使用は当面続くことが予測され、修理は住民が行っていくことになるためです。

そこで参考にしたのが、地元で使われていた鶏小屋のスタイル。全ての条件を満たし、トタン板やパイプ、竹材などを使い、地域住民が習熟している技術で作ることができます。

次に、用地の確保です。多くの学校は山の尾根の上にあるため、崩壊した校舎の敷地のまわりに仮設教室用の平坦な土地を見つけるのが簡単ではありませんでした。

そして、雨季。6月に入ってからは雨季が本格化し、山中に資材を輸送するのも一苦労でした。

FIDRは引き続き、残りの仮設教室の設置を進めていきます。

仮設教室内で授業を受ける子どもたち

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年7月15日

被災地で仮設教室の設置が進んでいます

元々養鶏小屋だった建物を利用して仮校舎を設置しています

FIDRはダーディン郡において、被災された方々への緊急援助活動を継続しています。

地震によって多くの学校で校舎が倒壊したため、5月下旬より、ダーディン郡にある学校46棟の仮設教室の設置を進めています。

学校の先生から「地震後、子どもたちは暗い室内を怖がるようになりました」という意見を聞いたため、壁の一部を金網にして採光を遮らない建物にしました。雨天や風が強い日はビニールシートで覆います。

6月下旬までには設置に必要な全ての資材の調達を完了し、現地に搬入しました。

現在、現地の方々とともに仮設教室の設置作業を行っており、7月5日時点で11棟が完成間近のところまできています。

壁面には金網を敷きました

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年6月4日

一人ひとりに手渡しを

震災当日より1ヵ月以上緊急援助活動に従事している大槻職員より、活動中のエピソードが届きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

食糧を配布する大槻職員

この1ヶ月間、事業地を中心として、5月6日に食糧(お米)の配布、5月7日から仮住居資材の防水シートの配布、5月21日から衛生用品の配布を行ってきました。その中で、各村や集落のリーダーから必ず言われたことがあります。

「一人ひとりにきちんと手渡ししてほしい。」

それはFIDRとしても「そうさせていただきたい」と思っていたこともあったので、「ぜひそうさせてください」というと、どのリーダーも安心していました。

配布は日によって、何百世帯、時には千世帯を超えます。なので一人ひとりへの手渡しもかなりの量となり、地域の人々はどこぞのアイドルの握手会のように緊張した面持ちで長い列をなします。でも手渡しをする際に私たちからネパール語の挨拶「ナマステ!」と元気よく声掛けすることで、緊張していた人々の顔も和らぎ、人々とFIDRスタッフとの距離もぐっと縮まります。

物資を配布する側、受け取る側、その場にいる全員が今回の大地震の被災者です。互いの目を見て、挨拶をしながら手渡しをすると、「復興に向けて少しずつでも進んでいこう」というお互いの気持ちが自然に伝わってくるようです。物資を配布する場は「大切なコミュニケーションの場」でもあることに気づかされました。


募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年6月2日

地域ボランティア「即席チームFIDR」

震災当日より1ヵ月以上緊急援助活動に従事している大槻職員より、活動中のエピソードが届きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

地域ボランティアの皆さん

震災から約1ヶ月、走り抜けた1ヶ月間でした。けれども1人で走った感は全くありません。それも、パッキングや配布の作業中、いつも周りに地域ボランティアさんや協力者に囲まれて一緒に作業をしていたからです。彼らがいなければ、この1ヶ月間の支援もほぼできませんでした。

緊急援助の場合、素早い決断と確実な調達、配送等の作業のみならず、現地での状況、ニーズ調査に加え、各自治体や各村々との調整業務も入ってきます。その中で、チームが自分たちの役割と責任をきちんと理解しなければ、調達した物資はなかなか人々の手に渡らないのです。

有難いことに今回の緊急援助では、現地の村々から多くの若者たちがボランティアとして集まってくれました。特に配布先の村々からボランティアとしてやってきた若者が多く、私たちにとっても非常に有難い存在となりました。

どの道を通れば安全に運べるのか、どの場所で配布作業をやるとよいのか、広い場所で皆がわかる場所はどこなのか等、彼らから様々な面で具体的なアドバイスを得た上で援助活動することができました。しかも配送用のトラックも自分たちで調達してきてくれたり、何を伝えることもなく、みんな自分たちのやるべきことが全てわかっているかのように動いてくれます。

約20名の若者に加え、時にはトラックのドライバーさんたちも嫌な顔せず、積極的に配布を手伝ってくれます。次の村へ行くときには、大抵違うメンバーで「即席チームFIDR」ができあがります。

現地NGOスタッフ、地域ボランティア、ドライバー、地域リーダー、そしてFIDRスタッフ、みんな本当に有難い存在です。感謝!


募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月28日

Beautiful Name

「ネパール大地震直後から緊急支援のニーズ調査をはじめ、立て続けに起こる様々な仕事と現地の人々に後押しされながら走り続けた1ヶ月でした。」

ネパール大地震から1ヵ月が経過し、現地人々は復興に向けて少しずつ動き始めています。この1ヵ月間、緊急援助活動に従事している大槻職員より活動中のエピソードが届きました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

衛生用品を受け取る際に、名簿から自分の名前を探しています

緊急援助で物資を配布する際、私が一番好きな作業があります。それは人々の名前を呼びながら世帯を確認し、配布に進む手続きです。FIDRが物資を配布する際、地域の世帯データを基に配布し、物資を受け取った方にサインか拇印をしていただきます。1日で何百世帯に配布することはざらで、時には1日で千世帯を超える日もあり、地域の人々の協力がなければ決して進めることができない大変な作業です。

作業内容としては、一人ひとりの名前を呼び、前にきて自分の世帯の名前を確認し、受け取りのサインと拇印をするというもの。しかし今回支援をしたダーディン郡内4地区の人口の約半数とされる低カーストの人々は、大半の人がフルネームで呼ばれる経験を余りしていません。そのため自分の名前が呼ばれても気づかない人も多く、その時は周囲の人々に「あなたの番だよ」と手を引っ張られながら促され、恥ずかしそうに、自分の名前を呼ばれたことを嬉しそうに机の前で再度名前を確認していました。中には5回も名前を呼ばれながらも廻りの人々に促されるまで気づかない人もいました。

自分の名前を呼ばれ、自分の名前がリストにしっかり記載されていることに誇りを持ち、何度も自分の名前を指でなぞりながらサインや拇印をするその姿は、自分の名前が呼ばれることで、自分の存在を認められているという証しであることを感じる瞬間なのかもしれません。


募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月26日

衛生用品を6000世帯へ配布しました

衛生用品を受け取った人々と大槻職員(写真右)

5月21日から25日にかけて、FIDRはダーディン郡内4地区のほとんどの世帯にあたる6000世帯に衛生用品(石鹸、洗剤、感染症予防剤、殺菌消毒剤)の配布を行いました。

最近ダーディン郡内では下痢や感染症が増えてきつつあります。その上6月には本格的な雨季が始まるため、衛生状態の悪化による感染症の拡大が懸念されています。今回、雨季に入る前のタイミングで衛生用品を配布したことについて、現地の方々は大変喜ばれていました。

また、ダーディン郡内の状況について引き続き情報収集を行っている中で、学校の仮設校舎が必要であることが分かりました。先ずは郡内50の仮校舎の設置に関して、ダーディン郡教育局と協議の上進めていく予定です。

配布作業の様子

ダーディン郡の子どもたち

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月18日

衛生用品の配布に向けて

全スタッフが飛び回っている情報のキャッチに努め、チームでの共有・協議を重ねています

5月15日、衛生用品の調達に目途が立ちました。

次は、数千世帯の人たちに確実に救援物資が届くよう、地域リーダーとも事前打ち合わせ。配布する物資の内容は何か、山岳地帯に点在して暮らしている約6000世帯に確実に物資を届けるためにはどのような方法が最適か、地域の協力なくしてはできないことを訴え、互いに連携することを確認しました。

様々な団体から物資が届いたり、一方で何も届かない地域があったり、情報が無いことや錯綜していることにより地域住民の不満も高まっています。

被災によって痛んだ心の上に、さらなる不安や混乱をできる限り生じさせないように、迅速かつ丁寧に準備を進め、一日も早く必要な人たちの手元に物資と安心を届けたいと思います。村人への配布は今週中盤から開始する予定です。

地域リーダーに配布する衛生用品を事前に一つ一つ説明しました

各集落での配布方法については地域リーダーたちからもいろいろなアイディアがでました

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月15日

ため池用ビニールシートで作られた「FIDRコテージ」

<FIDRコテージ>骨組みは竹で上手に作り、どうにか雨風を避けることができています

今回の大地震により家屋を失ったダーディン郡の人々は、屋外で暮らすことを余儀なくされました。しかし、標高1,000m超の山中に位置する同郡にはしばらくの間救助の手も届いていませんでした。

そのような状況の中、ある村では「農業用水用のため池に使っているビニールシートを使って家をつくろう」という話が持ち上がったそうです。当初は「溜めていた農業用水を無くしてしまっていいのか?」などの意見も出ましたが、話し合いを繰り返す中で、「農業用水も必要であるが、今は自分たちの生活を立て直すことを第一にすべきだ」という意見に落ち着き、家をつくることにしました。

ため池用のビニールシートで作られた家は「FIDRコテージ」と呼ばれ、1枚のシート(ため池用のシートは特注であることからかなり大きい)で約10人近くの村人が一緒に生活しています。この「ため池」は、FIDRが2011年から同郡で実施してきた乾季の間の農業用水を確保するためのものでした。村人総出で山地に堀削し、ビニールシートを覆って作るため池の数は2014年10月の時点で49か所にまで広がっています。

この家をFIDRスタッフが見た時には、ため池用のシートが違った目的で役立ったことを誇りに思ったそうです。

<FIDRコテージ内部の様子>近隣の人々も作り方を学びに来ているようです

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月14日

12日の余震により、ネパールは不穏な状況が続いています

大震災から18日目の5月12日、ネパールは再び強い余震に襲われました。そのとき、FIDRチームはカトマンズから車で4時間かけ、ダーディン郡の郡都ダーディンベシに到着し、昼食を取り終えたところでした。揺れに気付き、すぐにレストランの裏庭に避難。余震におびえる日々を送っているネパール人女性たちの中にはパニックに近い状況になり、座り込んでしまう人も見受けられました。

今回の余震で、屋外テントの下で夜を過ごす人が増えました。ネパールの不安な夜は続きます。

建物の崩壊の危険性を避けるため、広場にみんなが集まり、余震がおさまるのを待ちました

余震がおさまり、しばらくすると通りに人が少しずつ戻ってきました

これから雨季に入り感染症が広がる可能性が高くなることを想定し、被災地域の人々に衛生用品を配布する予定です。

緊急支援のために国内で大量の物資が必要となっている中、12日の余震の影響で多くの店が休業してしまい、物資の手配は必ずしもスムーズにはいかない状況です。必要なものを、必要な量、なるべく早く入手できるよう、最善の方法を探りながら準備を進めています。

多くの商店が一時休業してしまったカトマンズ市内

開いている薬局を1件1件回り、必要なものを必要な量、迅速に届けてくれる店舗を探しました

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月12日

雨季に備え、屋根資材を配布します

FIDRの支援した防水シート(簡易シェルター)

FIDRは現在、プロジェクト地でもあるネパール中部の山間部「ダーディン郡」において緊急物資の配布の支援を続けています。山間地では地震発生から2週間以上経過する今も、全く支援が届かない地域もあります。1200世帯に向けて防水シートの配布を行いましたが、まだまだ支援が必要であるため、今後2,100世帯分の屋根資材用のトタン板を支援することにしました。また、同時進行で石鹸、消毒液等の衛生用品(約6,000世帯分)の配布準備を進めています。

現地の人々は、身の回りの資材やFIDRが支援したシート等で雨風をしのげる簡易シェルターを作り、暮らしています。全半壊した家屋の修復にはまだまだ時間がかかるものと思われます。

ネパールでは6月上旬から本格的な雨季に入ります。7月からはトウモロコシの収穫期となるため、収穫した作物を乾燥させたままで備蓄できる場所が必要との声を聞いています。
本格的な雨季に入る前に必要な物資を配布できるように、ニーズを見極め支援活動を続けていきます。

防水シートの内部の様子

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月8日

お米と防水シートを配布しました

配布は手際よくみなで分担して行いました

「誰も助けにきてくれないと思った」と話すお母さん

FIDRネパール事務所スタッフは、現在プロジェクト地であるダーディン郡に入り、緊急食料・物資支援を開始しました。

5月6日に2,600世帯へお米の配布を行い、7日からは1,200世帯へ防水シート(簡易シェルター)の配布を行いました。支援物資の配布と並行し、ダーディン郡の行政担当者と今後の支援に関して協議を重ね、いち早く必要な支援を行っていけるように進めています。

ダーディン郡は成人識字率の低さ、5歳未満児の栄養状態の悪さ、妊産婦死亡率の高さ等で際立っている地域です。その中でFIDRがプロジェクトの対象としている4つの地区は社会的弱者が多く暮らし、住民の生活をサポートする体制もきわめて弱い状況です。地震発生から12日以上経過しましたが、政府や他団体からの援助が全く届いていませんでした。

支援に対し現地の方々は「やっぱりFIDRは忘れずに最初に来てくれた」と大変喜んでくださっています。ネパールの他の地域では物資の配布の際に住民間の争いが起きている地域もあるようですが、ここでは住民の方々が助け合いながら、穏やかに配布作業が進んでいます。

5月10日から日本人スタッフがもう1名を東京より現地に派遣します。防水シートと食糧はまだまだ必要な状況ですが、支援物資を提供する他団体とのバランスも考慮して、本当に必要なものを見極めて支援活動を続けていきます。

地震の際に一緒に避難したお母さんと

防水シートを配布しました

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年5月1日

2,400世帯へ防水シートの配布を開始します

<ダーディン郡>無事な世帯はほとんどなかった

<ダーティン郡>かろうじて残った家屋も余震の続く中では住むことは難しい

<ダーディン郡>この家は4人が生き埋めになった。皆で救出を試みたが瓦礫をどけることは難しかった

<ダーディン郡>全壊した家屋

ネパールで発生した大地震から5日が経ち、現地の人々の疲労も一層増してきています。現在死者6000人超とも報道されており、日を追うごとに被災者は増え続けています。

FIDRネパール事務所は日本人の所長と現地スタッフ2名で活動しています。地震当日、スタッフたちは2011年から支援活動を行っているダーディン郡内の小学校で行われていたセレモニーに参加している最中でした。幸いにも参加していた子どもやスタッフたちには怪我はなく、スタッフたちは地震直後からカトマンズに移り現地での情報収集にあたっていました。

ダーディン郡は震源地に近く、現在約75%以上の家屋が全壊または半壊する被害が出ています。最近は雨季が近いために雨の日も多く、夜間はかなり冷え込んでいます。
そこでFIDRでは雨風をしのぐための防水シート(簡易シェルター)の支援が急務と判断し、約2,400世帯へ配布することにしました。5月4日か5日には現地で配布できる予定です。

スタッフたちも来週にはダーディン郡に入り、支援活動を行います。

<カトマンズ市内>最近では雨も多く、夜は冷え込むことから心配である

<カトマンズ市内>外に避難している人々

募金はコチラ→ネパール大地震緊急援助募金

2015年4月28日

「ネパール大地震緊急援助募金」へのご協力をお願いします

ダーディン郡クンプール地区にて、あっという間に家が崩れていきました

FIDRでは4月25日にネパールで発生した大地震によって被害に遭われた方々への緊急援助活動を実施するため、「ネパール大地震緊急援助募金」の受付を開始いたしました。

4月27日付の報道によると隣接国も合わせて死者数4000人超の甚大な被害が出ています。FIDRが2011年から支援活動を展開しているダーディン郡はカトマンズより震源地に近く、多くの家屋が倒壊するなど被災状況は深刻です。

FIDRは同郡においてシェルター用シート及び生活必需品を支援します。
皆様からのご協力をお願い致します。

募金はコチラ→「ネパール大地震緊急援助募金」

カトマンズ中央地区にて