FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

プロジェクトの今 - コンポンチュナン州農村開発

2018年07月10日

田植え研修 ~ 苗の気持ちで ~

田植え研修 ~ 苗の気持ちで ~

 当プロジェクトでは、米の収量増加を目指しSRI農法の普及に取り組んでいます。この農法では、田植えの際、苗は1~2本植えがルールです。ところが、今まで5~10本を植えて来た農家の人たちには、ちゃんと育つのかとても不安になります。新しい農法を抵抗なく受け入れ、実践するには、いろいろな工夫が必要です。

 先ごろ実施した研修で、講師が行った工夫は「紙とインスタントラーメン」。これらをどう使うか、想像できますか。まず、1から5までの数字を書いた紙を地面に並べます。紙の上に数字と同じ人数が立ちます。1の紙に立つ人は悠々とスペースを独占します。これに比べ、5の紙に立つ5人は、はみ出さないように互いに密着して、なんだか暑そうです。

 そこで、講師が質問します。「風は感じられますか」、「息はしやすいですか」。さらに、インスタントラーメンを1袋ずつ配ります。講師は、さらに問います。「満腹になりましたか」。参加者からは、1~2人の方が心地よい風を感じ、深呼吸ができ、お腹も満たされたという感想が返ってきます。インスタントラーメンは、苗の成長に必要な養分や肥料を表していたのです。

 最後に講師はこう聞きます。「苗もきっと同じように感じるのではないかな」。はっと何かに気づく参加者。実は、研修の講師は、SRI農法を実践し米の収穫増を体験した農家です。1年前、自身も不安を抱きながら新しい農法にチャレンジしたことが、「先輩農家」としての教えにつながっています。理論を伝えるだけではなく、体感を通した学びが、他の農家の人たちのやる気を醸成しています。

2018年03月16日

プロジェクト地で様々な研修が行われました

プロジェクト地で様々な研修が行われました

1月、本プロジェクト地では篤農家の人たちに向けて様々な研修が行われました。

9日から12日にかけて家庭菜園研修が行われ、野菜栽培技術、堆肥や植物性農薬の作り方、乾季の野菜栽培方法などについて学びました。得られる知識が多いということもあり、研修には篤農家以外の近隣に暮らす農家も集まりました。特に堆肥(液体堆肥、乾燥堆肥)や植物性の農薬技術については参加者の関心が高く、熱心に受講される参加者の姿に、講師をされた州農林水産局の方も感銘を受けていました。

また、2日から5日には養鶏視察研修が行われ、前フェーズの養鶏実践農家を訪問し、鶏舎の設置方法や世話の仕方などに対して理解を深めました。

「以前は知識や経験があまりなく、養鶏に関心が低かったが、FIDRのプロジェクトに参加してからは鶏の飼育方法をはっきり理解することができた。今は家庭でも養鶏に力を注ぎ、鶏も増やすことができています。」
そのように話す養鶏実践農家たちの経験を見聞きする中で、参加した篤農家は「自分たちにもできるかもしれない」と自信をつけた様子でした。

昨年より新たなフィールドで活動している当プロジェクト。FIDRは多くの研修を通して農民のやる気を後押しし、良い成果が生まれるように引き続きサポートしていきます。

最新の記事