支援する
menu

FIDRカフェ~FIDRのスタッフと話そう~を開催しました

8a207573fe326e67c21e9c2d15db9a92-1674785113.jpg

5月25日(金)、FIDR東京事務所(御茶ノ水)にて、FIDRカフェ「知ること、話すことからはじめよう、国際協力~FIDRのスタッフと話そう~」を開催しました。

今回のFIDRカフェ、少し根源的なテーマにしてみました。

「最近、NGOって影が薄いんじゃない?」

一昔前は日本の市民団体が海外で支援活動をしているというだけで注目を浴び、報道もされました。
ところが、今は途上国支援への関心がなくなってきている。もしかすると国際協力NGOという存在は日本社会からは消滅していくのではないか?という小山の問いかけから始まりました。自国第一主義が声高に唱えられ、共存共栄、国際協調などという発想は過去の遺物になってしまうかもしれない。そうするとその先に待ち受けるのはどんな世界なのか?というのが今回の発議のベースにありました。

ご参加くださった皆さん、それぞれの視点でいろいろなご発言をいただき、とてもユニークな話し合いの場となりました。当然ではありますが、皆さんはFIDRカフェにご参加くださっている時点で、すでに十分に国際協力に対して高い関心をお持ちなのですが、この先、どうしたら日本の民間の国際協力がもっと広がり、面白くなるかということを思い思いに語り合うことができました。

皆さまから示唆に富むたくさんのご意見をいただき、FIDRにとって大変に参考になる1時間半でした。FIDRの支援活動はこうした場を大切にして皆さんと一緒に創り上げていきます。次回以降もぜひふるってご参加ください。
.
※ 定員10名という少人数で、参加した皆さんと気軽に国際協力について語れる「FIDRカフェ」は、毎月最終金曜日に開催しています。次回は6月29日(金)です。

その他の活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 緊急援助事業 ピックアップ
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 広報啓発事業