支援する
menu

台風19号緊急援助

3285dec348ca3a2090afc67d3df990e7-1681443713.jpg

2019年10月12日、静岡県に上陸した台風19号は、東日本の各地に記録的な豪雨をもたらし、広範に渡って、河川の氾濫や土砂災害等の甚大な被害が発生しました。
FIDRは、援助活動を開始することを決定し、特に被害の大きかった長野県、宮城県、福島県を中心に現地の状況の調査を進めています。今後、小中学校等の施設の早期復旧のための支援など、支援計画を決定次第援助活動に取り組んでまいります。

令和元年台風第19号の被害状況

(2019年11月15日現在)

死者
(関連死を含む)
住宅被害
(一部損壊を含む)
避難者

 96人

87,768棟  2,406人

※数値には10月25日からの大雨による被害状況を含みます
※出典 死者数、住宅被害:総務省消防庁発表資料(11月14日時点)/ 避難者数:内閣府発表資料(11月13日時点)

活動レポート

  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    2024.02.21

    珠洲市の小中学校の子どもたちにお弁当の提供が始まりました

    日本 令和6年能登半島地震緊急援助 緊急援助事業
  • 出張セミナー

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しました

    2024.02.20

    ヤマザキ製パン従業員組合の若手組合員の方々へ、活動を紹介しま...

    日本 出張セミナー 広報啓発事業
  • カンボジアの学校へ 支援者の皆様のメッセージを届けました

    2024.02.19

    カンボジアの学校へ 支援者の皆様のメッセージを届けました

    日本 広報啓発事業
  • 令和6年能登半島地震緊急援助

    珠洲市の避難所へ、空気清浄機を支援しました

    2024.02.07

    珠洲市の避難所へ、空気清浄機を支援しました

    日本 令和6年能登半島地震緊急援助 緊急援助事業