FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

企業・団体の方へ

企業・団体だからできる国際協力

「日本企業と日本人による国際協力の推進」をミッションの一つに掲げるFIDRとともに、皆様の組織の特性や能力を活かした支援活動をはじめませんか?

ご支援・パートナーシップの形

ご支援先・パートナーとしてのFIDRの5つの特徴

1. 企業・NGOとしての特性・リソースを活かし合う

設立以来、300以上の企業・団体の皆様と、特性・リソースを活かし合うことで、開発途上国において効果的な支援を実現してきました。

2. 現地に密着し、課題を的確にとらえる

日本人職員が駐在し、現地の文化・社会・価値観を深く理解するとともに、開発途上国にある課題を的確にとらえます。そして、現地の技術や人材の状況に見合った有効な支援方策を案出します。

3. 着実に成果を出す

農業、保健医療、教育などの専門性に立脚した活動を実施します。さらに、20年以上の実績に基づくノウハウを活用し、着実な成果を生み出します。

4. 支援の効果をひろげる

生み出される成果は、対象地域に留まらず、地域や世代を越えて拡がります。FIDRは現地の行政機関や他の民間団体との協働により、知識や技術が他の地域でも応用され、継続的に受け継がれていくことを目指しています。

5. アカウンタビリティーを保証する

皆様からのご支援が現地にどのように活かされたのか、事業の計画や成果・効果、会計を発行物や報告会、ウェブサイトなどを通して明瞭にご報告します。