FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

山村に安全な学び舎を
ネパール学校環境改善

プロジェクトが挑む課題

2015年のネパール大地震によって多くの校舎が倒壊しました。将来の震災に備え、十分な強度をもった校舎の建設が急務ですが、その対応ができていない学校が多くあります。そこでは子どもたちが依然として簡素な造りの仮設教室で授業を受けています。また、学校にはトイレがなかったり、数が不足していたりするため、周囲の衛生と子どもたち(特に女子)の心身に影響を及ぼしています。

その課題の背景にあるのは

ネパールで安全性の高い学校の建設が遅れる主な理由は、以下の3点にまとめられます。

まず、山々が連なる険しい地形があげられます。学校に通じる未舗装の細い山道は建築資材をトラックで運ぶのも、平地とは比較にならない困難さがあります。雨季には土砂崩れも頻発し、いっそう難度が増します。耐震性を考えるからには鉄筋コンクリート工法を採用しなければなりませんが、セメントやレンガ、鋼材などの重量ある資材を外から運び込む必要があるため、市街地から離れた山間地ほど対応が遅くなります。

次に、長く続いた政治的な不安定とこれに伴う国の財政力の弱さがあげられます。校舎建設にかかる費用を国内の税収で賄うことは難しく、地元のコミュニティが自力で寄付を募るか、政府を通じて外国からの支援によって調達することになります。また、こうした校舎建設では教室が優先される一方、トイレは後回しになることも少なくありません。

最後に、技術上の制約があります。鉄筋コンクリート造りの建築に習熟した建設作業員は山あいの地域には少なく、その監督を司る技師も都市部に集まっています。たとえ設計が耐震性を物語っても、実際の施工の質が低ければ意味を成しません。

こうした状況を念頭に置きつつ、FIDRはこれまでに6校の校舎建設を実現しています。ラメチャップ郡およびダーディン郡にて、校舎やトイレの建設の必要性の高い学校を見極め、地元コミュニティや行政当局から支援の要請を受けました。



FIDRが目指すのは

子どもたちの学習環境が改善され、コミュニティによって持続的に維持管理されるようにします。

プロジェクトの活動場所

ラメチャップ郡ゴクルガンガ地区
ダーディン郡ニラカンタ市

プロジェクトの効果を受ける人たち

・ラメチャップ郡ゴクルガンガ地区地域住民約2万人
・ダーディン郡ニラカンタ市地域住民約6万人

現地で行う取り組み

ラメチャップ郡において2校の校舎およびトイレ建設、ダーディン郡内の3校でトイレ建設を実施します。

1.地域住民主体による計画策定、運営のための会合
2.学校校舎建設(2校)
・シヴァ小中学校(Shiva Basic School)
・シッダジョティ・ハリミシュラ小中学校(Siddajyoti Harimishra Basic School)
 ※両校とも就学前学級から第8学年までの計9学年を受け入れています
3.学校内トイレ施設建設(5校)
4.施設管理・学校清掃に関するワークショップ、教員研修
5.モニタリング

活動の期間

2017年8月〜2020年6月(予定)

FIDRのアプローチの特色

将来を担う子どもたちの勉学の場として、そしてまた地域活動の拠点施設として、学校は地元の人々にとって重要な意味を持ちます。校舎建設のプラン作りから、完成後の維持管理に至るまで地元コミュニティのイニシアティブを最大限にいかして活動を進めてまいります。