FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

活動レポート - 広報啓発事業

2016年12月16日

東京で「FIDRカフェ『知ること、話すことからはじめよう、国際協力』」を開催しました

東京で「FIDRカフェ『知ること、話すことからはじめよう、国際協力』」を開催しました

12月13日、地球環境パートナーシッププラザ(東京都渋谷区)にて、「FIDRカフェ『知ること、話すことからはじめよう、国際協力』 ~「自分ゴト」発見!やる気プロデューサーFIDRの事例紹介【緊急援助編】~」を開催いたしました。

今回のFIDRカフェでは、国内外で実施している緊急援助活動の中から身近な例として東日本大震災復興支援を取り上げ、インターネットを介して会場と岩手県山田町をつなぎ、被災者でありながらFIDRスタッフとして活動してきた山田事務所スタッフが「自分ゴト」(=自分のこととして共感すること)として震災をとらえ、活動してきた経緯やエピソードについてお伝えしました。最後には東日本大震災チームリーダーの前田職員より、FIDRが支援地で「自分ゴト」として活動する上で心掛けている点について、海外駐在の経験も踏まえた上でお伝えしました。

その後、参加者で2グループに分かれ、「これまで自分ゴトとして関わったエピソード及び感じたこと」をテーマに話し合っていただきました。

参加された方からは次のような感想をいただきました。
「被災地で活動を続けている方の生の声を聴くことができてとても良かった」
「同じような気持ちを持った方とお話ができて、大変有意義な時間でした」
「ディスカッションテーマが明確に定められており、普段考えていない視点からじっくり考える機会になりました」
ご参加いただいた皆さまに心より感謝申し上げます。

FIDRにとっても、国際協力に興味のある皆様とお話しすることは大きな学びになります。次回のカフェでも多くの皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

最新の記事