FIDR(ファイダー)は、開発途上国の子どもたちの支援と緊急援助を行う、国際協力NGOです。

プロジェクトの今 - カンボジア小児外科支援

2017年09月08日

新規フェーズの開始セレモニーが地元メディアで取り上げられました

新規フェーズの開始セレモニーが地元メディアで取り上げられました

8月、小児外科支援プロジェクトがクラチェ州に事業展開されることを記念する開始セレモニーの模様が現地メディアに取り上げられました。

2017年8月10日付 KOH SANTEPHEAP DAILYより

(以下日本語訳)
---------------------------------------------------------------------------
■『重い病気を患うカンボジア北東部の子どもたちに、救いの手』

これまでクラチェ州など北東部エリアでは、重い病気を患う子どもの患者は首都プノンペンの病院で治療を受けなければならなかった。しかしこれからは、クラチェ州病院の外科・手術部スタッフ(医師や看護師)によって適切な小児外科手術を受けられ、救われるようになるだろう。

クラチェ州保健局のチュニアン・ソヴァター局長によれば、州内の子どもたちで呼吸器や腹部などに重い病気を持つ患者は、手術を受けるためにプノンペンにある様々な病院を受診しなければならない現状がある。救急患者の場合、長時間の搬送に耐えねばならない子どもの患者は、助かる望みをとても小さく感じてしまう。さらに救急車での搬送には高額な利用料がかかるため、貧困層の患者家族は高次病院への搬送を希望せず、時に命に関わる事態に陥ることもある。

しかし今後は、FIDRの支援を通じて州病院の外科・手術部スタッフが知識を身につけ、専門技術の経験を積むことで、同州などカンボジア北東部の子どもたちはレベルアップした州病院で手術を受けられることができ、救われるようになる。小児外科手術が円滑に行われるよう機材も整えられる。2017年8月7日午前に州保健局にて行われた、FIDR小児外科支援事業開始の式典において、チュニアン・ソヴァター局長はこのように語った。

更に、「FIDRからの支援により、州病院はプノンペンの国立小児病院と協力関係を結び、国立小児病院が持つ外科手術の専門性や経験を学ぶこととなる。これにより、州病院のスタッフが重症の小児患者も迅速に治療して救うことができる可能性が増し、クラチェ州など北東部エリアの子どもたちを救うことができるだろう。」と期待している。 局長は「FIDRによる州病院や保健センターへの支援によって、クラチェ州の医療スタッフは保健分野の実務経験を更に積むことができる」とし、「迅速に搬送できる体制が整い、州病院のスタッフによる診療が可能となった暁には、子どもたちを病院に連れてきて受診するよう保護者へ呼びかけたい」と述べた。

写真(右から)
Dr. ニェップ・オンキアボッ(国立小児病院長)
Dr. チュニアン・ソヴァター(クラチェ州保健局長)
Dr. キン・ホン(クラチェ州病院長)
岡田逸朗(FIDR事務局長)
岡松孝男医師(FIDR理事)
南ショイマン由美子(FIDRカンボジア事務所長)
石井智浩医師(FIDRカンボジア小児外科支援事業アドバイザー)
佐伯風土(FIDRカンボジア小児外科支援事業プロジェクト・マネージャー)

最新の記事